Entries

草月 186号

書斎の本棚(中)、四段目

「草月 186号」草月出版 1989年10月10日 910円

古書で買ったと思う。
目当ては、「勅使河原蒼風と社会 5 土屋恵一郎」。

この号の「蒼風と社会」には、
「記号を発見するために遍歴したらいいんじゃないですか」
という蒼風の言葉が引用されている。
私には、この言葉は、ものすごく実感を持って受け止められる言葉である。いけばな屋にとって、「超リアル」なのだ。
「記号」も「遍歴」も、すべて私には身に覚えがあることである。

関連記事


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://honbako.blog71.fc2.com/tb.php/1240-ef5d4b4a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

検索フォーム

プロフィール

静草

Author:静草
本好き。特にミステリ、幻想、吸血鬼関係を大好物としています。
ミステリの中ではエラリー・クイーンとウィリアム・アイリッシュが好き。

お問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: