Entries

アイリッシュ短編集2

書斎の本棚(小)。

「アイリッシュ短編集2」ウイリアム・アイリッシュ 宇野利泰・田中小実昌訳 創元推理文庫 1974年7月26日 5版

古書で、40円で購入。確か、社会人になってから、神保町界隈で買ったと記憶する。
本書の収録作品は、

「消えた花嫁」
「墓とダイヤモンド」
「殺人物語」
「死の第三ラウンド」
「検視」
「チャーリーは今夜もいない」
「街では殺人という」

以上、7編。
私は、本書を中学生くらいのときに、図書館で借りて読んでいるのである。そして、実際に購入したのは大人になってからである。それも、50円をも下回る金額で買っている。

要するに、私は本書の7編に好きなものがないのである。アイリッシュ大好き人間の私だが、ど~~も本書は好きになれない。なので、正規の値段で買うつもりがサラサラ無かったのだ。

本書は、「安かったから」というだけの理由で買ったものではあるが、せっかく我が家に来たアイリッシュ本なので、私は今日まで所有してきた。しかしながら、この記事を書いているうちに、
「これは、いらないのではないか」
と思い始めてしまった。

なので、近いうちに処分箱に移動させる可能性が高くなってきた。
今更、アイリッシュの一冊とお別れしたくないと思ったら、そうはしないかもしれないが、ホントに持っていても私にメリットはないのである。
創元の「アイリッシュ短編集」のうち、私は現状で「1・2・3」を持っているが、真ん中が欠けたってかまうものか。そもそも、アイリッシュ短編集は、本当は「6」くらいまであるのだが、私は「4・5・6」は持っていなくてもいいと思ったので買っていないのだ。「揃い」がどうとか、うちでは関係ないのである。

……処分箱どころか、ゴミ箱に捨てる方がいいように思えてきた。本書は、年月の力で傷みが激しく、真ん中あたりがはずれそうになっている。

関連記事


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://honbako.blog71.fc2.com/tb.php/1241-748ed826

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

検索フォーム

プロフィール

静草

Author:静草
本好き。特にミステリ、幻想、吸血鬼関係を大好物としています。
ミステリの中ではエラリー・クイーンとウィリアム・アイリッシュが好き。

お問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: