Entries

婦人之友 2017年1 月号

書斎の本だな(中)。

「婦人之友 2017年1 月号」婦人之友 1908年1月20日 770円

頂き物。
「新春に花を飾る」というコーナーを担当された花の先生より頂戴した。

私は、最近の婦人之友を読むのは何年ぶりかと思う。いや、10何年ぶりかもしれない。生活情報は、大概ネットでことたりるものね……。余程面白い読み物などそろえないと、こういう出版はやっていけないのではあるまいか。

いけばな記事は、一般的でありながら、生け手の個性がよく現れた作例が魅力的だと思った。私は生けた人を知っているので、
「あの先生らしいな~」
ということが分かるのだ。
個性を出すということは、「何か妙なことをして特色を出す」とは別のことなのだということがよくわかる。
関連記事


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://honbako.blog71.fc2.com/tb.php/1262-557224ec

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

検索フォーム

プロフィール

静草

Author:静草
本好き。特にミステリ、幻想、吸血鬼関係を大好物としています。
ミステリの中ではエラリー・クイーンとウィリアム・アイリッシュが好き。

お問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: